コロナ禍の世界のリーダーの伝え方を学ぶ『有事をチャンスに変えるリーダーズスピーチ』 | 「人を動かす話し方」を身につけるための教材専門オンラインSHOP

1/10

コロナ禍の世界のリーダーの伝え方を学ぶ『有事をチャンスに変えるリーダーズスピーチ』

有事をチャンスに変えるリーダーズスピーチ視聴マニュアル.pdf

¥ 19,800 税込

ダウンロード販売の商品
購入後にDL出来ます (457802バイト)

《はじめに》
この動画は、世界中で巻き起こっている「新型コロナウィルス」に関連して発信されているスピーチを教材に影響力ある「リーダーの伝え方」について学ぶものです。
上手いスピーチと炎上してしまうスピーチの違い
上手いスピーチを私たちが日常のリーダーシップで、どう取り入れていけばいいのか、などについて矢野香の視点で切り込みます。


===================================
有事のときこそ、国家レベルで発信された本物のスピーチ法を学ぶチャンス!
===================================
2020年春、新型コロナウィルス感染症の世界的な流行拡大に関連し、
毎日、世界中のメディアから
発生状況や緊急経済対策などについて最新情報が届いています。

あなたは、これらの報道をどのように見ていますか?
ただ心配したり、怖がったりしながら見ていませんか?
それはとても、もったいないことです。

不謹慎かもしれませんが、
これらの報道は「リーダーズスピーチ」の面から見ると、お手本の宝庫です!

このような有事の際に、世界の一流リーダーが、どのように伝えているかがわかるからです。

「スピーチ」という分野だけで分析すると、
いま、第二次世界大戦のときと同じ現象が起きています。

ドイツのヒトラーの演説、映画にもなったジョージ6世の「英国王のスピーチ」などですね。
あの時代に世界を動かしたリーダーズスピーチの現代版が、まさにいま世界中で起きています。


日本でも、
首相はもちろん、
緊急事態宣言を受けて、都道府県知事や企業トップ、アスリートや著名人などのオピニオンリーダーなど各界のリーダーがメッセージを発信しています。


ある人は炎上し、ある人はさらなる支持を獲得する。


その違いはなんなのか。

スピーチ学の観点から矢野の最新分析をお伝えします。

今回の教材でご紹介するスピーチは
あらためて見れば見るほど、一流のトップリーダーのスピーチは考えつくされています。
分析すればするほど、「そんなところまで!」と、ため息がでます。
こういう有事のときだからこそ、本気で創られた本物のメッセージです。

そして、
炎上するスピーチをみるにつけ、
その原因が、ついやってしまいそうな小さなことであることを知り
ゾッとし身の毛がよだつ思いです。
しかも、本人は良かれと思ってやっていることが多いのです。

動画では、これらのポイントを「有事の際のリーダーズスピーチ12ポイント」として
まとめお伝えします。
ぜひこの機会に世界の一流のリーダーの伝え方を学び、
自分の日常・ビジネスシーンで使ってみてください。

====================
ただ安易にスキルだけを真似するのは危険!
====================



しかし、こうした世界のトップリーダーのスピーチを
上手いからといって、あなたがそのまま真似するのは危険です。

自分の世界感に合わせていないからです。

あなたの場合、
自分が話す場面は、そもそも「スピーチ」という雰囲気ではないかもしれません。
安易に真似すると「大げさ…」「急にどうしちゃったの?」と周りが引いてしまうかもしれません。

世界のリーダーがこの有事の際に用いている技法を、
社員に、部下に、後輩に、取引先に、地域の方々に伝えるには?というように
自分の世界観に変換するスキルが必要です。

そのためには

① 手本の良さを分析して、知識として理解する。
② 自分に取り入れる具体的な方法を知る。

という二本柱が重要です。

今回の動画は
世界の報道を教材にこの二本柱でリーダーの伝え方について学び、
自分のものにするスキルを学んでいただくものです。
ぜひこの機会に、実際に日常で使える世界トップレベルのリーダーの伝え方を手にいれましょう。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■「本編」の動画内容

講師:  矢野 香

収録時間: 2時間3分
(撮り下ろし映像と、一部は2020年5月にオンライン開催したセミナーの様子です。)

金額 : 18,000円(税別)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■この動画の目的
・世界のトップレベルのリーダーの伝え方を知り、リーダーシップある表現について知識を得る。
・各種報道で目にしていた実際の動画をみながら、上手なポイント、ダメなポイントを再確認する。
・自分に最適なスキルを、実際の場面にあわせて使うことができるようになる。
・他人がスピーチ指導を受けながら変化する様子を見ることで、自分に取り入れられる要素を客観的に理解する。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■動画内容

●はじめに…一挙手一投足意図を持ち話す。
●有事の際のリーダーズスピーチ12ポイント
●世界のトップリーダー6人の動画14本の他、スピーチ原稿や資料を見ながら、解説します
●キーワードの作り方
●オンラインでの目線の配り方
●「自分に向かって話している」と聞き手に思わせる方法
●相手目線で語り掛けるための定型文
●自分の話が印象に残っているか確認する方法
●リーダーがいま必ず語っている話の内容
●リーダーは「お願い」するな
●「約束」の重要性
●話を聞いて安心してくれるため準備するべきこと
●共感をもってもらうための伝え方
●信頼されるための言葉遣いのコツ
●聞き手がファンになる仕掛け
●チームが団結するためにリーダーがすべきこと
●どんな凄いリーダーにでも親近感を持つ理由
●支持率が一か月で27%急上昇した伝え方の秘密
など


■個別指導
セミナー内容を踏まえ、一人ずつに矢野が個別指導する公開スピーチコンサルティングです。

1人目事例 : 区議会議員
2人目事例 : 金融機関勤務 管理職
3人目事例 : 会社経営者
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■特に、このような方々におススメ■

・政治家・議員・首長・立候補予定者など政治に関わる方々
・経営者
・コロナ禍で日々奮闘してくださっている医療関係者
・管理職など地域・組織のリーダー
・将来、リーダー、人の上にたつ立場を目指す方  等。

個人コンサルティングのクライアントの方々は
実際にこれらの12ポイントをすでに使っていただいております。

ある経営者は、急に在宅勤務になって不安がっている社員に対し、
スピーチを収録した動画を配信しました。
そのことによって、社員の不安が消えたのはもちろん、仕事に対する誇りとモチベーションがあがり、今後世界展開をする大きな仕事に関わるきっかけをうみました。


ある社長は、メールで文書を配信しました。
文章の中にリーダーズスピーチの要素を入れたところ
社員の団結が強まり、テレワーク中にも関わらず、
コロナ発生前よりチームワークがとれるようになったと感じています。


あるフリーランスの方は、急遽オンライン開催になってしまったプレゼンの場で、
リーダーズスピーチの要素をいれて話したことで、
受注を獲得したのはもちろん、資金援助までとりつけました。


あなたもぜひ有事の際にピンチをチャンスにかえてチームを結束させる
リーダーの伝え方を手に入れていきましょぅ。


Afterコロナの世界で
この人は前と何かが違う?!
頼りになる、信頼できる、堂々としていると周囲の人たちが驚くことでしょう。

動画内容の一部を特別に公開いたします。こちらから本編のダイジェスト版をご覧ください。
https://youtu.be/ZoeOLMamN_A


■実際にセミナーに参加していた方々のお喜びの声です

セミナー参加者のうちアンケートに回答してくださった方100%に「大変満足」「満足」との評価をいただきました。

「リーダーズスピーチに必要な要素が12にまとめられていてわかりやすかったです。良い事例としての動画がたくさんあったのもよかったです。初めてZOOMでのセミナーに参加しましたが、家にいながらにして眠くなることも飽きることもなく受講できました。内容が興味深かったからだと思います。」(60代・議員)

「実際著名人のスピーチ動画を見せていただき、その後すぐに考察という流れがわかりやすかったです。ポイントがまとまっており、自分に足りないことが明確になりました。早く社員に対して実践してみたいです。」(30代・医療法人理事長)

「オンラインの目線のお話は今まさに悩んでいるテーマだったので大変参考になりました。矢野さんのセミナーはいつも金額以上のものを持ち帰ってもらおうというプロ意識にあふれているので、素晴らしいと思っています。」(40代・学習塾経営)

「今まで人前で話をする際、話の内容ばかり考えており話し方に関して考えたことがありませんでした。今回受講し、相手の心をつかみ興味を持って聴いてもらうためには技術が必要なのだと痛感しました。勉強したことのなかった分野ですが、日々の家族やスタッフとの会話、患者さんとのコミュニケーション、そして人前でのスピーチとあらゆる場面で実践し身につけたいと思います。」(30代・歯科医師)

「リーダーとしての伝え方が具体的でわかりやすく、何よりも責任の重さを実感しパワーをいただくことができた。地方に住んでいるので、このような企画は大変ありがたく今後も是非お願いしたい。」(50代・校長)

「各国のリーダーのスピーチ映像は自分なりに視聴していたが、矢野先生の解説により、さらに深い学びとなった点。録画された映像では決して得られない臨場感が素晴らしく、今後もぜひ継続してほしい。」(50代・税理士)

「動画を使って、各国のリーダーのスピーチ例を挙げて非常に分かり易い内容だった。」(50代・区議会議員)

「オンラインにも関わらず矢野さんのお人柄がとても伝わり、さすがだなぁと思いました。」(40代・政治家)

「具体的な事例(映像)は非常に分かりやすい。百聞は一見に如かずで、安倍首相の映像が理解に非常に役立ちました。」(50代・会社員)

「話し方のコツをポイント形式で示してあったこと。実際の事例をもとにした解説により説得力がさらに増した。大変わかりやすかったです。プレゼンをする機会も今後増えると思いますのでぜひまた受講したいです。」(20代・会社員)

「非常に勉強になりました。参加して良かったです。」(30代・会社役員)

「実際のスピーチ動画を使っての解説。また、ポイントを12にまとめていただいて、非常にわかりやすかったです。」(50代)

■最後に…

今回の分析のために、去年の年末からの数々のリーダーの伝え方を動画で見直しています。
そして、ワクワクする高揚感を感じています。
力がみなぎるのを感じています。
世界中のリーダーのメッセージにすっかり感化され、勇気をもらっているのです。
単純な性格といえば、それまでかもしれませんが…(笑)
しかし、自分の使命に基づいて、今、私にできることを考えた結果が
このオンライン教材です。

あなたがもし、職場で、地域で、家族で、
複数人のチームをまとめる立場にいるとしたら。
あるいは、将来はそういう立場につきたいと希望しているとしたら。

あなたが今できることとして、おススメがあります。

それは、
周りの人たちの不安を取り除き、勇気づけることです。

今、世界中の人たちは
不安や悲しみ、怒り、疲労などを感じています。

こういうときこそ、
リーダーとして、人の上に立つ立場の方々が、
どういう態度でどういうメッセージを発信するかが重要です。
リーダーの伝え方で、周りの人が影響され、みんなの考え方がかわり、世界が変わります。

リーダー次第で、
不安を取り除き勇気をもって進むことができるようになるのです。
一緒にコロナ禍の世界のリーダーの伝え方を学び、Afterコロナの新しい世界をともに変えていきましょう!

矢野 香

《講師紹介》

スピーチ・コンサルタント 
国立大学法人長崎大学准教授

元NHKキャスターの経歴をもち、現在は、国立大学教員として研究を続ける。
専門は社会心理学の中の対人認知。「信頼される話し方」の指導には実績を伴う定評があり、政治家・経営者・エグゼクティブなど、幅広い層への実践的なコンサルティングを行っている。

※矢野香について詳しく知りたい方はこちら
https://authenty.co.jp/profile/

  • お支払い方法について

¥ 19,800 税込

《購入前に必ずお読みください》

★お手元にDVDを郵送するサービスではございません。

ご購入いただいた後にお送りするメールにURLページが記載されています。
そこで「ビデオ視聴マニュアル(PDF)」をダウンロードしてください。
マニュアルに記載あるURLに更にアクセスしていただくことで、ビデオを見るためのビデオデータをダウンロードしていただきご覧いただくことが可能になります。

操作方法など分からない場合はいつでもご連絡ください。

※「ダウンロード」とは? https://bit.ly/2FbZxDq

《領収書について》

領収証が必要な場合は、「領収書発行希望」と備考欄にお書きいただき、お申込みください。「宛名」「但し書き」もご要望があれば其の旨、お伝えください。

最近チェックした商品
    その他の商品